◎「javascript」を無効に設定されている場合、一部が表示されません。
近鉄「あをによし」
近鉄「あをによし」デビュー
(鉄道ジャーナル7月号)

 …このサイトでは「鉄道ジャーナル」最新号と当社の雑誌・書籍のご案内、鉄道のニュースや関連情報をお届けしています。


headline 

鉄道ジャーナル 2022年7月号  特集:昂奮の記憶1997
鉄道ジャーナル最新号表紙

○ あのころの500系 いまの500系 
○ 1997開業並行在来線第一号 しなの鉄道の25年
○ 秋田新幹線の25年
○ 近鉄観光特急「あをによし」デビュー

 発足からまもないJRは各社こぞってレベルアップに取り組み、挑戦的な列車を誕生させました。JR西日本が生み出した500系新幹線電車は新幹線高速化の一大金字塔に違いありません。誕生からはや25年を経過し、今は余生を送るような立場ですが独創的な姿は健在です。山陽新幹線「こだま」から、東京〜博多間を駆けた「のぞみ」の思い出を重ねました。あわせて、1998年2月の「500系のぞみ1号 東京から博多へ 心はずむ4時間49分」も再掲載しています。

 1997年10月の「長野行新幹線」(当時)の開業に伴い、初めての事例として信越本線軽井沢〜篠ノ井間が第三セクターへ経営移管され、今年で25年となりました。そこで開業当時を振り返り、その後の流れもたどってみました。この年の春には、上越新幹線に接続して北陸に向かう速達特急「はくたか」が登場しました。北越急行ほくほく線を140km/hで駆け抜ける当時の様子を紹介した1997年6月号「681系電車特急はくたか発進!」を再録しています。
 JR貨物の新型機関車シリーズは登場年代順に構成しています。第3回はDF200です。そのほか、引退した特急車両の改装ながら攻めた印象の近鉄「あをによし」の速報、また、鉄道史は「ヨンサントオ」から万博輸送へ進みます。

− 5月20日(金)発売 − 定価 1,020円(本体927円) 〔→ 詳しい内容

  


6月号も引き続きお求めいただけます。

特集:輸送密度の非情

 「輸送密度」とは輸送のボリュームを示す指標で、旅客輸送の場合は、ある区間の営業1日1kmあたりの通過人員で表しています。大都市圏に発着しない地方幹線では数千人から数万人といったところです。これが三桁、つまり千人以下というのは、国鉄時代後期の特定地方交通線、なかでも転換対象となった基準すら下回ります。特急も走る「本線」と名の付く路線がここまでになるのは、深刻な事態と言わざるを得ません。現地を訪ねて実情をさぐりました。

定価 1,020円(本体927円)| 詳しくは〔 こちら 〕をご覧ください。

店頭売り切れの際は、書店または発売元の成美堂出版にご注文ください。



5月号 津軽海峡波高し

 津軽海峡を挟んで向かい合う青森と函館。トンネルで結ばれているとはいえ、北海道新幹線の札幌延伸に向けては、青函トンネルの貨物共用というネック、並行在来線の処遇、ローカル線の維持という問題を抱えています。一方、函館本線は函館の先で奇妙な「8の字」の線形で、現状が気になります。そこで、廃止直前の3駅訪問も兼ねて訪ねました。

定価 1,020円(本体927円)| 詳しくは〔 こちら 〕をご覧ください。

店頭売り切れの際は、書店または発売元の成美堂出版にご注文ください。



4月号 ニュータウン鉄道

 日本最大級の多摩ニュータウンで最初の入居が始まったのは1971年で、50年が過ぎました。京王相模原線と小田急多摩線が乗り入れていますが、ニュータウンの成熟とともに役割にも変化が訪れています。一方、千葉ニュータウンとともに育ってきた北総鉄道は値下げが発表され、光明を見出せたと言えそうです。あらためて実態や沿線の様子を探索しました。

 定価 1,020円(本体927円)| 詳しくは〔 こちら 〕をご覧ください。

店頭売り切れの際は、書店または発売元の成美堂出版にご注文ください。


上記各号以前のバックナンバーは〔バックナンバーご案内〕をご覧ください。

鉄道ジャーナル社からのお知らせ

印刷用紙はじめ雑誌制作費の上昇など諸事情により、2022年8月号(6月21日発売)より鉄道ジャーナル本誌の定価を1,200円(本体1,091円、税率10%)に改定します。

毎号確実に入手できる便利な定期購読のご利用をご検討ください。
鉄道ジャーナルの定期購読は1年間12冊を単位として承ります。開始月号は、ご自由にお選びいただけます。
ご希望の方は、お届け先の郵便番号・住所・電話番号、お名前、発送を希望される最初の月号(○月号から)を明記のうえ、年間定期購読料12,240円(誌代1年分、税込み、送料込み)を、現金書留または郵便振替により当社「定期購読係」へご送金ください。
誌代改定に伴い、2022年6月1日以降に新規(継続更新を含む)お申し込みになる場合、年間定期購読料は14,400円となります。
 詳しくは〔定期購読のご案内〕をご覧ください。
専用の郵便振替用紙をお送りします。〔 FORMMAIL 〕よりお申し込みください。

「鉄道ジャーナル」バックナンバーの目次をダウンロードしていただけます。
◇2010年以降の「鉄道ジャーナル」主要目次は製作を取りやめていますが、2009年版については「主要目次」の体裁で、2010年〜2012年6月号については各号の目次を半年ごとに一つにまとめた形で、PDFファイルをダウンロードしていただけます。
 なお、2001年以降の記事については、当サイトの〔バックナンバーご案内ページ〕でキーワードによる検索が可能です。どうぞ、ご活用ください。

◇「鉄道ジャーナル」の「RJギャラリー」は、当面の間、新規のご応募受付を停止しています。

◇「鉄道ジャーナル」2010年以前の別冊シリーズ各号、「年鑑日本の鉄道」および「旅と鉄道」既刊分各号は、発行から相当の日数が経過していることでもあり、2010年3月末をもって絶版とさせていただきました。

◇「鉄道ジャーナル」本誌のバックナンバーのお取り扱いは発行からおおむね1年程度とさせていただいています。号によってはそれ以前に売り切れとなる場合もありますので、バックナンバーはお早めにお求めくださいますよう、お願いいたします。発売から1年経過した時点(発売13か月後の月末)をもって絶版となり、以後はご注文いただいても出荷いたしかねますので、ご了承ください。
 詳しくは、「雑誌のお求めについて」をご覧ください。