Osaka Metro 400系
阪急京都線「準特急」
(鉄道ジャーナル3月号)

 …このサイトでは「鉄道ジャーナル」最新号と当社の雑誌・書籍のご案内、鉄道のニュースや関連情報をお届けしています。


headline 

鉄道ジャーナル 2023年3月号  特集:背水の関西鉄道界
鉄道ジャーナル最新号表紙

 コロナ禍の影響を受けて関西の鉄道もそれぞれ対応を迫られています。ダイヤの見直しなどの内容は各社それぞれですが、それが将来にどのような成果がつながるか興味が尽きないところです。なかでも並行路線として注目され比較されることの多い阪急神戸線・阪神電鉄については、都市間鉄道として共通の点と対照的なところがあります。改めて両者を乗り比べて探ってみました。
 目下の関心事の一つが梅田貨物駅跡地の再開発に伴い関空特急「はるか」も走る梅田貨物線が地下線に切り替えられ、大阪駅に近接する地下新駅が「大阪駅(うめきたエリア)」として開業、新しいネットワークが生まれます。これから大阪の鉄道はどうなるか、将来のなにわ筋線事業も含めて観察しました。

− 1月20日(金)発売 − 定価 1,200円(本体1,091円) 〔→ 詳しい内容

  


2月号も引き続きお求めいただけます。


特集:並行在来線問題

 JR発足後、整備新幹線建設の際に並行在来線の経営分離が着工条件の一つになりました。優等列車を失った並行在来線は当然経営が厳しいのですが、一方で多くが貨物輸送のために複線電化の高規格路線で、維持が大きな負担となっています。問題がクローズアップされたのは、北海道新幹線の札幌延伸でJRから外れる函館本線です。問題解決の妙案はなく、将来が案じられています。

定価 1,200円(本体1,091円)| 詳しくは〔 こちら 〕をご覧ください。



特集:東急ものがたり

 東急電鉄は1922年9月の目黒蒲田電鉄設立を創業として2022年に100周年を迎えました。続いて2023年3月には新横浜新線が開通、また新たなステージに踏み出すことになりますが、同時に2023年は、戦時下の「大東急」が解体され東京急行電鉄が発足した1948年から75年の節目にあたります。この機に、戦後の歩みを振り返るとともに、東急東横線・目黒線の現状などをまとめました。

定価 1,200円(本体1,091円)| 詳しくは〔 こちら 〕をご覧ください。



特集:西九州新幹線開業

 2022年9月23日に西九州新幹線が開業しました。武雄温泉〜長崎間66kmの路線は新幹線として最も短く、既存の新幹線とはつながっていません。まずは新しいN700Sの列車に期待しますが、それでも新幹線「かもめ」とリレー特急を乗り継ぐ形がなぜそうなったのか、この先どうなるのかを気にしないわけにはいきません。紆余曲折の末に開業した新幹線と周辺線区についてレポートします。

定価 1,200円(本体1,091円)| 詳しくは〔 こちら 〕をご覧ください。

店頭売り切れの際は、書店または発売元の成美堂出版にご注文ください。


上記各号以前のバックナンバーは〔バックナンバーご案内〕をご覧ください。

鉄道ジャーナル社からのお知らせ

印刷用紙はじめ雑誌制作費の上昇など諸事情により、2022年8月号(6月21日発売)より鉄道ジャーナル本誌の定価を1,200円(本体1,091円、税率10%)に改定します。

毎号確実に入手できる便利な定期購読のご利用をご検討ください。
鉄道ジャーナルの定期購読は1年間12冊を単位として承ります。開始月号は、ご自由にお選びいただけます。
ご希望の方は、お届け先の郵便番号・住所・電話番号、お名前、発送を希望される最初の月号(○月号から)を明記のうえ、年間定期購読料14,400円(誌代1年分、税込み、送料込み)を、現金書留または郵便振替により当社「定期購読係」へご送金ください。
 詳しくは〔定期購読のご案内〕をご覧ください。
専用の郵便振替用紙をお送りします。〔 FORMMAIL 〕よりお申し込みください。

【おしらせ】読者のみなさまからのご意見などで構成してまいりました「タブレット」欄は、2022年12月号をもって掲載を取りやめることにしました。「タブレット」への投稿は受け付けていません。

「鉄道ジャーナル」バックナンバーの目次をダウンロードしていただけます。
◇2010年以降の「鉄道ジャーナル」主要目次は製作を取りやめていますが、2009年版については「主要目次」の体裁で、2010年〜2012年6月号については各号の目次を半年ごとに一つにまとめた形で、PDFファイルをダウンロードしていただけます。
 なお、2001年以降の記事については、当サイトの〔バックナンバーご案内ページ〕でキーワードによる検索が可能です。どうぞ、ご活用ください。

◇「鉄道ジャーナル」本誌のバックナンバーのお取り扱いは発行からおおむね1年程度とさせていただいています。号によってはそれ以前に売り切れとなる場合もありますので、バックナンバーはお早めにお求めくださいますよう、お願いいたします。発売から1年経過した時点(発売13か月後の月末)をもって絶版となり、以後はご注文いただいても出荷いたしかねますので、ご了承ください。
 詳しくは、「雑誌のお求めについて」をご覧ください。