◎「javascript」を無効に設定されている場合、一部が表示されません。
東横線Qシート
東急東横線 Qシート車
(鉄道ジャーナル10月号)

 …このサイトでは「鉄道ジャーナル」最新号と当社の雑誌・書籍のご案内、鉄道のニュースや関連情報をお届けしています。


headline 

鉄道ジャーナル 2022年10月号  特集:観光輸送の視点
鉄道ジャーナル最新号表紙

○ サフィール踊り子の伊豆 
○ 高山本線の観光輸送
○ 「丹後の海」車両の活躍を追う
○ 貨物鉄道の議論が始まる!
○ ダムと鉄道 田子倉ダムと只見線

 2020年春に運転開始した特急サフィール踊り子はオールグリーン車編成、個室やより豪華なプレミアムグリーンも備えた特別な列車です。果たしてこのような列車が成立するのか、折からのコロナ禍もあって注目されましたが、実はなかなかの好調ぶりで指定券を入手しづらい状況が続いています。この列車の魅力とともに観光列車ならではの事情をレポートします。

 高山本線の特急「ひだ」に新しいハイブリッド車両のHC85系が導入されました。33年ぶりとなった新鋭車両は上品な装いで静かにスタートを切りましたが、果たして実力は。高山観光の需要回復に期待がかかるだけに、これからの輸送を担うことになる使命は重いですが、まずは列車の乗り心地とともに沿線の観光の動向もあわせて探りながらチェックしました。
 2021年に全通90周年を迎えた釧網本線は太平洋とオホーツク海を結ぶ唯一の路線です。日本最大の湿原、深い樹林に覆われた山岳地帯、海と湖の共演など車窓景観はバラエティに富んでいます。気候の厳しい道東ならではの植生も見どころで、普通列車でもここでしか味わえない旅が楽しめます。
 また、「ダムと鉄道」シリーズでは国内最大級の田子倉ダムを訪ねました。只見線会津川口〜只見間は電源開発の田子倉発電所建設用専用鉄道として開業し、国鉄に引き継がれた路線です。その経緯と合わせて紹介します。「くろがね線」の愛称で呼ばれる日本製鉄専用鉄道は重量級の列車が行きかう特異な鉄道で軸重20tを超える電気機関車の活躍で知られています。その電機の置き換えの情報も聞かれる「くろがね線」の近況をさぐりました。

− 8月20日(土)発売 − 定価 1,200円(本体1,091円) 〔→ 詳しい内容

  


9月号も引き続きお求めいただけます。

特集:18きっぷの夏満喫

 青春18きっぷが登場してから今年で40年。とくに夏休み時期は旅のシーズン、多くの旅人が青春18きっぷを握りしめてでかけることでしょう。昨年は東京・大阪とんぼ返りにチャレンジしましたが、今年は東海道本線を通らず中央本線・関西本線経由の東京〜大阪の旅を試してみました。新幹線では見ることのない景色を楽しみながらの旅の顛末を紹介します。

定価 1,200円(本体1,091円)| 詳しくは〔 こちら 〕をご覧ください。



8月号 JR大阪最新事情

 関西を代表する輸送サービスとして自他ともに認めるJR新快速ですが、「働き方改革」とコロナ禍はこの優等生にもじわりと響き始めてきました。果たしてこれからの時代にふさわしい新しい魅力を打ち出せるのでしょうか。また、JR西日本の関西圏の通勤形・近郊形電車は3000両を数えますが、国鉄型の置き換えも進んでおり近年の動きと現況を中心に現状を紹介します。

定価 1,200円(本体1,091円)| 詳しくは〔 こちら 〕をご覧ください。

店頭売り切れの際は、書店または発売元の成美堂出版にご注文ください。



7月号 昂奮の記憶1997

 発足まもないJRは各社レベルアップに取り組み、挑戦的な列車を誕生させました。なかでも新幹線500系電車は一大金字塔に違いありません。誕生から25年を経過し、今は余生を送るような立場ですが、山陽新幹線「こだま」から、東京〜博多間を駆けた「のぞみ」の思い出を重ねました。1997年のほかにも新しい列車やサービスが相次いだ年で、当時を振り返りました。

定価 1,020円(本体927円)| 詳しくは〔 こちら 〕をご覧ください。

店頭売り切れの際は、書店または発売元の成美堂出版にご注文ください。


上記各号以前のバックナンバーは〔バックナンバーご案内〕をご覧ください。

鉄道ジャーナル社からのお知らせ

印刷用紙はじめ雑誌制作費の上昇など諸事情により、2022年8月号(6月21日発売)より鉄道ジャーナル本誌の定価を1,200円(本体1,091円、税率10%)に改定します。

毎号確実に入手できる便利な定期購読のご利用をご検討ください。
鉄道ジャーナルの定期購読は1年間12冊を単位として承ります。開始月号は、ご自由にお選びいただけます。
ご希望の方は、お届け先の郵便番号・住所・電話番号、お名前、発送を希望される最初の月号(○月号から)を明記のうえ、年間定期購読料14,400円(誌代1年分、税込み、送料込み)を、現金書留または郵便振替により当社「定期購読係」へご送金ください。
 詳しくは〔定期購読のご案内〕をご覧ください。
専用の郵便振替用紙をお送りします。〔 FORMMAIL 〕よりお申し込みください。

「鉄道ジャーナル」バックナンバーの目次をダウンロードしていただけます。
◇2010年以降の「鉄道ジャーナル」主要目次は製作を取りやめていますが、2009年版については「主要目次」の体裁で、2010年〜2012年6月号については各号の目次を半年ごとに一つにまとめた形で、PDFファイルをダウンロードしていただけます。
 なお、2001年以降の記事については、当サイトの〔バックナンバーご案内ページ〕でキーワードによる検索が可能です。どうぞ、ご活用ください。

◇「鉄道ジャーナル」の「RJギャラリー」は、当面の間、新規のご応募受付を停止しています。

◇「鉄道ジャーナル」2010年以前の別冊シリーズ各号、「年鑑日本の鉄道」および「旅と鉄道」既刊分各号は、発行から相当の日数が経過していることでもあり、2010年3月末をもって絶版とさせていただきました。

◇「鉄道ジャーナル」本誌のバックナンバーのお取り扱いは発行からおおむね1年程度とさせていただいています。号によってはそれ以前に売り切れとなる場合もありますので、バックナンバーはお早めにお求めくださいますよう、お願いいたします。発売から1年経過した時点(発売13か月後の月末)をもって絶版となり、以後はご注文いただいても出荷いたしかねますので、ご了承ください。
 詳しくは、「雑誌のお求めについて」をご覧ください。